シミに効くサプリ・医薬品

現在、シミでお悩みの方へシミを薄くする事ができる、シミを消す事ができるおすすめのサプリ・医薬品をご紹介しています。また、シミに関する情報もご紹介しています。

夏に受けた紫外線ダメージをケアしよう

紫外線を100%防ぐことは無理?

強い日差しを受けてしまう夏。毎年日焼け止めや日傘を使って紫外線カットに取り組んでも、どうしても完全に防ぎきることは難しいですよね。鏡に映る自分の肌を見て、「今年の夏はあんなに完璧に紫外線対策したのに・・・」と衝撃を受けた事がある方も少なくないのではないでしょうか。

確かに日傘は有効的な紫外線対策グッズで、使うのと使わないのでは大きな差があります。また高価ですが紫外線100%カットの日傘もあるため、「100%カットなら安心!」と考えてしまいがちです。しかし紫外線は地面からの照り返しもあるため、上からの紫外線は100%防げても下からの紫外線を完全に防ぐことはできないのです。

そこで日焼け止めの出番ですね。しかし、この日焼け止めでも紫外線を100%防ぐのは難しいでしょう。日焼け止めは手で擦ったり汗をかいたりすると落ちてきてしまうので、頻繁に塗り直す必要があります。また塗りムラも日焼けの原因になります。

さらに、日焼け止めを使う人の多くが適量よりも薄く塗り過ぎていると言われています。きちんと厚く塗らないと本来の効果をしっかり発揮することができなくなってしまいます。

夏の紫外線ダメージを放っておくと・・・

このように、自分では完璧な紫外線対策をしたつもりでも実際のところ100%カットは難しく、やはり多少は紫外線の影響を受けてしまうことになります。

紫外線ダメージを放置すると、カサカサゴワゴワの老け顔に・・・肌の老化が一気に進んでしまいます。もちろんシミの原因にもなります。「そういえばいつも夏~秋にかけて化粧のりが悪い、肌もくすんで見えるかも」という方は、夏の紫外線ダメージが肌にあらわれているのかもしれません。

紫外線によってダメージを受けてしまった肌はシミ・シワになる前にしっかりとケアしてあげましょう。

美白化粧品の前に肌を整えることが重要

まず、うっかり日焼けしてしまって肌が赤くヒリヒリしているという場合。これは肌が火傷したような状態なので、ひとまず炎症を抑えることが先決です。冷たく冷やしたおしぼりや低刺激の化粧水を浸したコットンなどで皮膚を冷やしてあげましょう。

夏の紫外線ダメージを受けた肌は、ターンオーバーが乱れて古い角質がたまっている状態になっています。これがゴワゴワする原因ですね。また夏は特に念入りに日焼け止めを塗るかと思いますが、この日焼け止めが落としきれずに肌に残っている場合もあります。

この状態のままでは美容液などを塗っても肌の奥まで浸透してくれないので、まずはピーリングをして表面の古い角質を取り除いてあげましょう。

などの方法で古い角質を優しく取り除き、ターンオーバーを正常に戻してあげましょう。角質の取り過ぎはかえって肌を痛めてしまいますので、つるつるになるからといってやり過ぎは禁物です。月1~2回程度で十分でしょう。

ピーリングで肌を整えたら、次はたっぷり保湿します。紫外線ダメージを受けた肌は乾燥が進んでいるので、セラミドヒアルロン酸などの保湿成分を含んだスキンケア化粧品を使って保湿してあげるといいですね。

肌をしっかりと保湿したら、シミを作らせないために美白化粧品等で美白ケアをしてあげます。メラニンの生成を抑えるビタミンC誘導体が配合されたものがオススメです。

紫外線のダメージケアというと真っ先に美白化粧品を使いたくなってしまいますが、まずはこのように肌を整え、美白成分が肌に届く状態にすることが大切です。