シミに効くサプリ・医薬品

現在、シミでお悩みの方へシミを薄くする事ができる、シミを消す事ができるおすすめのサプリ・医薬品をご紹介しています。また、シミに関する情報もご紹介しています。

紫外線対策のための日傘の選び方

日傘はデザイン重視で選んじゃダメ!?

日差しが強くなってくると、日傘を差して歩く女性をよく見掛けるようになります。日傘は日焼けしたくない、シミを作りたくないという方には欠かせないアイテムですね。

最近はカワイイデザインの日傘も増えたので、日傘はなんだかオバサンくさくて・・・と抵抗のあった方も心置きなく使うことができると思います。しかし色々なデザインの日傘があって選択肢が増えた分、どんな日傘を買えばいいのか悩んでしまいますね。

せっかくならカワイイ日傘がいい!という気持ちも分かります。ただしデザイン重視で選んでしまうと、最悪の場合日傘を差す意味がないということにもなりかねません。

日傘を使う目的には

の2つがありますね。

実は、「暑さを和らげる日傘」と「紫外線をカットする日傘」ではデザインが全く異なってきます。

詳しいことはこれから説明していきますが、日傘を購入する前にまずはどちらの目的で使うのかという事を明確にすることが大切です。

日傘の色による効果の違い

涼しげな印象なのは白い日傘ですよね。白は熱を反射するため、暑さを和らげるために使うなら白い日傘の方が効果的です。

一方黒い日傘は熱を吸収して熱くなってしまい、暑さ対策という面ではあまり効果的ではありません。しかし、紫外線をカットするという目的であれば逆です。

白は紫外線を反射するのに対し、黒は紫外線を吸収します。どちらもある程度紫外線をカットしてくれるのですが、黒の方が紫外線カット率が高いと言われています。そのためUVカットを目的とするなら黒い日傘の方が向いているという事になります。

とはいえ日傘にはUVカット加工されているものが多いので、こうした加工がされていればそこまで色を気にする必要はないでしょう。ただし、UVカット加工は永久的に持続する訳ではないので、長い期間使おうと考えているのであれば念のため黒い日傘を選んだ方がいいかもしれませんね。

紫外線のためには黒い傘がいいっていうのは何となく知っていた、という方も多いかと思いますが、見落としがちなのが傘の内側の色です。紫外線対策のために日傘を使うなら、地面の照り返しによる下からの紫外線にも対応しなくてはいけません。内側の色が白いと、下からの紫外線が傘の内側でさらに反射し、顔の方に集まってしまいます。

日傘の色を気にするなら、外側よりも内側の色をしっかりとチェックしましょう。

紫外線を防ぐ日傘の生地

次にポイントとなるのが日傘の生地です。熱い日差しを遮るために使うなら、綿・麻・絹といった熱を通しにくい素材がいいでしょう。レースなど通気性が良いものは熱がこもりにくく、風を通すので涼しく感じられます。ポリエステルは熱を吸収して熱くなってしまうので、暑さ対策には適していません。

しかし、紫外線カットを重視するなら逆にポリエステルの方が向いています。ポリエステルは紫外線を吸収するので、綿や麻に比べて紫外線を通しにくくなっています。

また生地は厚い方が紫外線カット効果が高くなるため、通気性の良い素材よりも厚手のものが良いです。ポリエステルでも透けるほど薄いものではUVカット効果が弱いので、しっかりと厚いものを選びましょう。

日傘のUVカット効果を持続させるには

このように、日傘は涼しさを重視するかUVカットを重視するかで、選ぶべきデザインが真逆になります。

紫外線を防ぐという目的で使うなら、UVカット加工された日傘であれば色・生地ともにそこまでこだわらなくても大丈夫ですが、UVカット加工には有効期限があるという事は覚えておいてください。

UVカット加工の効果は大体2~3年ほどと言われているので、高い紫外線カット効果を維持したいのであれば定期的に買い換えることも必要です。また、日傘を雨の日にも使うとUVカット加工が剥がれてしまいますから、UVカット効果を長持ちさせるなら使い方にも気を付けましょう。