シミに効くサプリ・医薬品

現在、シミでお悩みの方へシミを薄くする事ができる、シミを消す事ができるおすすめのサプリ・医薬品をご紹介しています。また、シミに関する情報もご紹介しています。

顔を紫外線から守るためには

紫外線の影響を受けやすい顔

顔は紫外線の影響を受けやすい場所です。そして一番シミを予防したい場所でもありますね。ですから、紫外線対策は特に顔を重点的に行う必要があります。

腕や足、背中は夏だと露出することもありますが、寒くなってきて厚着になると服で隠れるため、直接日光を浴びる機会は少なくなります。

一方顔は服装に左右されず、一年中露出しています。そして頭は体のなかで最も太陽に近い場所にあります。そのため顔や頭皮、髪は他の場所に比べてより多くの紫外線を浴びてしまうのです。

顔を紫外線から守るためには、やはり日焼け止めをしっかり塗ることが大切です。体は一年中日焼け止めをしっかり塗る必要はないかもしれませんが、顔は一年を通して日焼け止めを塗って紫外線から守ってあげましょう。化粧下地にUVカット機能が付いたものもあります。

ノーメイクの日も日焼け止めだけは忘れずに塗りましょう。毎日のスキンケアの最後に日焼け止めを塗る習慣を付けるといいですね。

夏は汗をかくので、メイクと一緒に日焼け止めも落ちやすくなります。メイク直しの際には日焼け止めも塗り直したいですが、メイクの上から液体を塗るのはちょっと難しいですよね。

こうした場合はスプレータイプパウダータイプの日焼け止めを使うといいでしょう。メイクの上からも使えるので、こまめな塗り直しが可能です。

顔への紫外線を防ぐ便利グッズ

日差しの強い時期は日焼け止めと一緒にUVカットグッズも併用するといいでしょう。

紫外線カットグッズと言ってまず思い浮かぶのが日傘ですね。日傘は上から降り注ぐ紫外線を遮ることができるので、特に顔や頭への紫外線を効果的にカットできます。

色によって紫外線のカット率に違いがあり、黒が一番高くなっています。そのため日傘を選ぶ際には、黒もしくは黒に近い色を選ぶようにしましょう。

日傘選びで一つ注意したいのが、日傘の内側の色です。

地面の照り返しによって下から来た紫外線は日傘の内側に当たります。ここで日傘の内側が白い布だと、白は紫外線を反射する性質があるため、下から来た紫外線を顔の方に飛ばしてしまいます。

上からの紫外線は防げても、照り返しによる下からの紫外線を顔に集めてしまうということですね。こうならないためにも、購入時には裏地の色もチェックするようにしましょう。

帽子も顔への紫外線をカットしてくれます。UVカット加工されたものだとより効果も高まります。デザインはキャップよりもツバの広いタイプの方がカット率が高くなります。

日傘や帽子は日射病対策にもなるので、日差しの強い夏には特に活用したいアイテムですね。