シミに効くサプリ・医薬品

現在、シミでお悩みの方へシミを薄くする事ができる、シミを消す事ができるおすすめのサプリ・医薬品をご紹介しています。また、シミに関する情報もご紹介しています。

紫外線対策は一年中必要!

紫外線対策は夏だけじゃダメ!?

シミを作らないためには紫外線対策が必須です。シミ対策のために日焼け止めやUVカットグッズでしっかり紫外線対策をしているという方も多いでしょう。

しかし、その対策は「いつ」していますか?日差しが強くて日焼けしやすい夏だけ行えばいいや、なんて思っていませんか?

実はシミのことを考えて紫外線対策を行うなら、春や夏だけでなく一年を通して行う必要があるのです。

年中露出している顔を紫外線から守ろう

日焼けしやすいのは4月~9月頃なので、この時期に注意しておけばいいのかな?と思いますよね。

確かに一年の中で特に紫外線照射量が多いのがこの時期で、4月~9月は年間紫外線照射量の7~8割を占めています。

そのためこの時期にしっかりとした紫外線対策をする必要があるというのは言うまでもありませんね。この時期は毎日日焼け止めを塗っているという方も少なくないでしょう。

しかし問題はそれ以外の時期です。夏も終わり、気温も下がってくる10月以降は半袖を着る機会が減り、じりじりとした日差しを受ける事もなくなるため、おのずと紫外線に対する意識が薄れてきますよね。

しかし夏に比べて弱いとはいえ、秋や冬にも紫外線は降り注いでいます。体は服である程度隠れているとしても、顔は年中露出していますよね。そのためシミの無い肌を目指すためには、夏のように全身に日焼け止めを塗るとまではいかなくても、せめて顔や首は日焼け止めを塗るようにしましょう。

冬の紫外線はダメージが分かりにくい

夏は日差しを受けるとすぐに日焼けしてしまうので、紫外線のダメージを受けたということが目に見えて分かります。こうなると「ちゃんと紫外線対策をしなきゃ」という気持ちにもなりますよね。

しかし、冬は長時間外にいても日焼けする人はあまりいません。紫外線を受けても日焼けしないため、「冬は紫外線対策をしなくても大丈夫なのかな」という気持ちになってしまいます。これが冬の紫外線の恐ろしいところです!

紫外線の波長にはUVA(紫外線A波)UVB(紫外線B波)があり、このうち肌が赤くなったり日焼けするのはUVBの影響によるものです。一方UVAは肌の奥深くまで届き、シミだけでなくシワやたるみを引き起こす原因となってしまいます。

UVBの量は夏がピークで、冬にはグッと減るので冬は日焼けしづらくなります。しかしUVAは冬には少なくなるものの、それでも夏の半分以上はあります。

そのため冬だからと油断して紫外線カットを怠ると、肌は日焼けしていないため一見ノーダメージのようですが、実はUVAによるダメージをしっかりと受けてしまっているのです。

将来のシミやシワ、たるみを予防するには、このように夏だけでなく一年中紫外線対策をする必要があるのです。