シミに効くサプリ・医薬品

現在、シミでお悩みの方へシミを薄くする事ができる、シミを消す事ができるおすすめのサプリ・医薬品をご紹介しています。また、シミに関する情報もご紹介しています。

肌の保湿を意識しよう

肌の乾燥とシミの関係

肌の乾燥とシミ、これらは一見何の繋がりもなさそうですが、実は深く関係しています。

シミはメラニン色素によって作られます。そもそもこのメラニン色素は、紫外線などの外部の刺激から肌を守ってくれる大切な役割を持ったものなのですが、シミの元でもあるのです。

肌は新陳代謝によって一定の周期で生まれ変わっています。肌の奥で新しく作られた細胞が徐々に上に押し上げられて肌の表面まで上がってきて、最後には垢となって剥がれ落ちるのです。この肌の働きをターンオーバーと言います。

外部からの刺激によって発生したメラニンも、通常ならこのターンオーバーによって肌の外へ排出されていきます。しかし何らかの原因によってターンオーバーが乱れてしまうと、メラニンがいつまでも排出されずに肌にとどまり、結果シミとなって残ってしまうのです。

この事から分かるように、シミを防ぐにはメラニンの過剰な生成を抑えるとともに、メラニンを肌の外に排出することが大切なのです。そして、このメラニンを排出するターンオーバーを乱れさせる原因の一つが乾燥なのです。

また、ターンオーバーが上手くいっていない肌は古い角質が剥がれ落ちずに肌表面に溜まってしまい、ゴワゴワと厚くなってしまいます。

この状態では美容液などの有効成分が肌内部まで届かず、せっかくシミのために高い美白化粧品を使っても意味が無くなってしまうのです。

さらに、肌の保湿が十分でないと外部刺激に弱くなってしまいます。メラニンは紫外線や摩擦などの外部刺激から肌を守るために作られるものですから、乾燥した肌はメラニンが生成されやすい、つまりシミが出来やすい状態になってしまっているのです。

このように、肌の乾燥はシミを作りたくない方にとって大敵なのです。

ターンオーバーを正常にし、外部刺激から肌を守り、美白成分の効果を十分に発揮させるために、肌の保湿は必要不可欠。シミ対策をしようという方はまず乾燥対策から取り組んでみましょう。

肌を保湿するには

肌を乾燥させないためには、まずクレンジングや洗顔方法から見直しましょう。

洗浄力の強すぎるクレンジング剤や洗顔料を使っていると、汚れだけでなく肌に必要な水分も洗い流してしまいます。汚れが残っているのも問題ですが、必要以上に洗いすぎないよう気を付けましょう。

また、洗顔時の擦り過ぎにも注意が必要です。直接手で擦るのではなく、たっぷりの泡で優しく洗い上げましょう。

次に、化粧水やクリーム等でしっかり保湿します。保湿力の高いセラミドヒアルロン酸が配合されたものを選ぶといいですね。

化粧水はハンドプレス等で肌の奥までしっかりと浸透させることが大切です。最近はとろみのある化粧水も多くなっていますが、こうしたものはサラサラした化粧水に比べて浸透しづらいため、時間を掛けてしっかり浸透させてから次の乳液やクリームを塗るようにしましょう。

保湿のためにシートパックやコットンパックを行っている方も多いかと思いますが、その際にはシートの乾燥に十分注意しましょう。

肌に乗せたシートの水分が蒸発してしまうと、逆に肌の水分がシートに吸収されてしまいます。これでは保湿のためにしているのに逆効果ですよね。

特に手持ちの化粧水を使って行うコットンパックは市販のシートパックに比べてとろみが少なく、すぐに乾燥します。大体2~3分を目安に行うといいでしょう。

シミを作らせないためにも、しっかり保湿対策をしてぷるぷる肌を目指しましょう!