シミに効くサプリ・医薬品

現在、シミでお悩みの方へシミを薄くする事ができる、シミを消す事ができるおすすめのサプリ・医薬品をご紹介しています。また、シミに関する情報もご紹介しています。

出来てしまったシミ対策

シミを見つけたらすぐに対策を!

シミを見つけたらその日から、シミ対策を行う事が一番大切です。コンシーラーなどで隠すのは一時的なものであり、そのままにしておくとどんどん色が濃くなって本格的なシミとして根付いてしまいます。

肌にシミが出来るメカニズムというのは、シミはどうして出来る?のページでも説明したように、メラニン色素の沈着と肌のターンオーバーが乱れることによりシミができてしまいます。

では出来てしまったシミはどのような対策をすれば良いのでしょうか?

それには出来てしまったシミを改善し、シミを予防する働きも持つ美白化粧品を使う事がオススメです。出来てしまった表面のシミや、これから出来るであろう隠れシミにも美白成分が有効に働いてくれるので、出来てしまったシミ以外にも効果をもたらしてくれるとされます。

配合成分としては、ハイロドキノンビタミンC誘導体などが配合されているものが出来てしまったシミに対しては効果的です。

他に肌のターンオーバーは通常28日周期で古い角質が剥がれ、新しく生まれ変わるサイクルとされていますが、このサイクルが乱れることにより、古い角質が肌に残ったままとなります。ですので、シミができてしまった場合そのシミが通常肌のターンオーバーにより剥がれ落ちるのに、そのまま肌に残ってしまいます。

この状態を改善するには、肌のターンオーバーを促してあげるピーリング化粧品などを使用し、メラニンを含む古い角質を除去してあげる方法があります。皮膚科等でも売られている、ピーリング石鹸などは肌の弱い方でも使えるものもあります。

内側からのケアも大切

シミ対策は肌の外側からだけではなく、内側からのケアもとても大切です。シミを改善してくれる食品で、内側からのケアをすることでより効果的にシミ対策ができます。

シミに良い食品

梅干し
梅干しのクエン酸は疲労回復の他に、新陳代謝を上げる効果があると言われています。
たまねぎ
ビタミンB,Cが豊富に含まれており、肌に張りを潤いを与えてくれます。
ココア・緑茶
ポリフェノールは抗酸化作用があり、活性酸素により細胞を老化させる作用を抑制してくれます。
ブルーベリー・グランベリー・イチゴ
天然のポリフェノールの一種であるエグラ酸を含んでおり、抗酸化作用やチロシナーゼの活性化を抑制してくれます。
ワカメ
抗酸化作用の高いビタミンA,Cや代謝を向上させるビタミンBやミネラルまた、コラーゲンを分解するこらげなーぜの活性を阻害するフコキサンチン成分も含まれています。このフコキサンチンは色素沈着を防ぐ働きもあります。

シミに良いとされる食品は、まだ他にもありますので毎日それらを食べてシミ対策・シミ予防をしましょう。ですがなかなか毎日は難しいという場合は、シミに効くサプリメントなどもあり、シミに有効とされる成分が配合されていますので、食品と併用しながら摂取していくのもオススメです。

また、食品の他に睡眠も大切です。睡眠と言っても、ダラダラ寝るのではなく「質の良い睡眠」をとるという事です。眠り始めて約3時間ほど深い眠りの時、つまりノンレム睡眠時に、成長ホルモンがたくさん作られます。寝る前にはテレビや携帯などはやめて、リラックスできる音楽やアロマオイルなどを用いて寝ると良いかもしれません。

出来てしまったシミへの対策でやることは色々とあります。美白化粧品を使っていれば消えるというものでもなく、シミに良いとされる食べ物を食べ質の良い睡眠をとることにより、出来てしまったシミが改善されていくのです。