シミに効くサプリ・医薬品

現在、シミでお悩みの方へシミを薄くする事ができる、シミを消す事ができるおすすめのサプリ・医薬品をご紹介しています。また、シミに関する情報もご紹介しています。

顔の体操・エクササイズはシワの原因になる?

間違ったシワケアは危険!

顔のシワを改善する方法として、顔のエクササイズなどがよくあります。でもその効果は本当にあるのでしょうか?

その答えは、正しいやり方でする場合には効果はあります。ただしやり方次第、つまり間違ったやり方をするとシワの原因ともなりますので注意が必要です。シワができたからと言って、適当に顔の体操や、エクササイズを行うのは危険なのです!

顔にシワが出来るというのは紫外線や年齢的なものなどが原因で、肌のコラーゲンやエラスチンなどの弾性繊維が減少して肌にハリや弾力がなくなっているから。それなのに、弾力を失っている肌を無理に動かすことにより肌内部は余計にダメージを受けているのです。

肌の弾力の元であるコラーゲンやエラスチンなどが、無理に引っ張られることにより、傷ついたりさらには切れたりして、元の状態には戻れなくなります。そして、シワを増やす原因を作ることにもなります。マッサージなども同じで、力を入れすぎてしまい皮膚と筋肉の間にずれが生じてしまうとシワの原因ともなります。

肌は、角質層、皮膚(表皮・真皮・皮下組織)、表情筋(筋肉)より成り立っています。私たち人間の顔には、57種類もの表情筋があると言われていますが、実際に使っている筋肉は20~30%程度で、ほとんどの筋肉は使われていない状態にあります。

皮膚は筋肉により支えられ、その筋肉が衰えてしまうと、筋肉が皮膚の重さを支えきれずにシワやたるみが生じます。

また、血液中の栄養素や酸素を細胞が取り込むことにより、新しい細胞を作り新陳代謝を促します。血液の流れが悪くなることで、冷え性になったり、毛細血管の隅々まで血液が行きわたらなくなり、新陳代謝も低下していき肌のターンオーバーも乱れてしまいます。

ですので、普段使われない筋肉を意識して動かすことによりシワやたるみの改善にもなり、血行を良くしてくれるとされています。

表情筋を鍛える方法

肌に余計なダメージを与えることなく普段使わない筋肉を意識的に動かすには、肌に触れずに筋肉(表情筋)を鍛える方法をとりましょう。

普段使われない筋肉を意識しながら、「あ」「い」「う」「え」「お」と口の形を順に作っていきます。ポイントとしては、口を大きく開きゆっくり顔全体を使う意識で行う事です。

これを行う時は、コラーゲンやエラスチンなどの生成を促す為に、潤いと保湿をたっぷりと肌に与えてから行うようにしましょう。

また、鎖骨のくぼみ部分をゆっくりマッサージして顔のリンパの流れを良くし血行を促進する事も大切です。