シミに効くサプリ・医薬品

現在、シミでお悩みの方へシミを薄くする事ができる、シミを消す事ができるおすすめのサプリ・医薬品をご紹介しています。また、シミに関する情報もご紹介しています。

手の小じわをなくす方法

無防備で過酷な状況におかれている手

手を見ると年齢がわかると言われるほど、手は他人に見られていることが多いのではないでしょうか。

顔のエイジングケアはしているけど、手はあまり・・・としっかりとしたケアをしている方は少ないようです。

手は毎日の生活の中で、よく使うパーツになります。

一年中、乾燥や紫外線などの刺激があり、水仕事・手洗い・お風呂などで1日の中で水と接触するのが多いですよね。

また、外出先でも様々な物を触るのでホコリや雑菌も付きやすくなっています。

常に酷使され、外部からの刺激を受けている手は、ダメージを受けやすくなっています。

無防備で過酷な状況におかれているのです。

水に接触すると皮脂がはがれ落ちて、乾燥してしまいシワが目立つようになります。

保湿・紫外線対策が大切

手は顔よりも約10年早く老化すると言われています。

美しい指先をキープして、シワ・たるみを防ぐには、乾燥から肌を守りましょう。

水仕事をしたり、手を使った後はハンドクリームをこまめに塗り保湿を心がけましょうね。

お風呂上りや寝る前などの、ハンドクリームを塗るときに指のマッサージを一緒にするとキレイなシワのない手になれますよ。

忘れがちになるのが、手の紫外線対策。

顔や首、腕などは紫外線対策をしていても、手は忘れてしまうことが多いと思います。

紫外線は真皮まで届き、コラーゲンを破壊して肌のハリをなくし、深いシワを作ってしまいます。

手の甲・指先・関節部分にもUVカットクリームを塗って紫外線からガードしましょう。

UVクリームは、短時間で塗るためにジェルタイプや乳液タイプなどの伸びの良い物だと塗りやすいですよ。

外出の時に日焼け止めを塗ることで、紫外線によるシワの影響が少なくなります。

洗剤は手荒れの原因

洗いものやお風呂掃除、洗剤を使っての拭き掃除などの時にはビニール手袋を使う習慣をつけましょう。

洗剤に含まれている界面活性剤は、手荒れの原因の一つになります。

できるだけ、直接洗剤には触れないようにしたいですね。

最近は、手に密着するタイプの手袋が販売されているので素手の時と同じような感覚なので使い勝手が良いので1度試してみてください。

また高温のお湯は、潤いのために残しておきたい皮脂までも落としてしまうので、手荒れをひどくしてしまいます。

ハンドクリームを塗ってゴム手袋を着用してから水仕事や掃除をすると、手肌もしっとりとしてきますよ。

乾燥や手荒れを防ぐには、水に濡れたままにしないことです。

水仕事や手洗い後は、タオルで優しく押さえるように水分を取りましょう。

キレイな手は女性の憧れでもありますよね。

美しい手元を作るのは、毎日のちょっとの気づかいと、ほんの少しの手間。

年齢と生活がでると言われている隠せない手元だからこそ、日常的にたっぷりとケアをして指先まで若々しくいたいですね。