シミに効くサプリ・医薬品

現在、シミでお悩みの方へシミを薄くする事ができる、シミを消す事ができるおすすめのサプリ・医薬品をご紹介しています。また、シミに関する情報もご紹介しています。

目元(目尻)の小じわ対策

シワの原因は加齢だけではない

シワと聞いて、まず1番に思い浮かべるのは目尻の小じわではないでしょうか。

目の周りのシワをとても気にしている女性は多いですね。

目尻・まぶた・目の下などの目の周りにシワがあると、他人に与える見た目年齢や印象が大きく変わってきてしまいます。

加齢を最も感じやすい部分でもありますよね。

笑ったときにできる目尻の笑いジワは、幸せなシワと言われているように、笑顔の多い魅力的な人に見えると言われています。

けれども女性にとってシワは気になるものですし、シワをなくしていつまでも若々しくいたいと思うものです。

目元の小じわは、加齢とともにほぼ誰にでも現れます。

また、乾燥や肌荒れなどをしている20代でもシワができるように、加齢だけが原因でシワになるわけではありません。

目元の皮膚は薄い

目元は皮膚が薄く刺激に敏感です。

皮膚が薄いことが原因で、乾燥や紫外線などの外からの刺激に反応しやすく、ダメージを貯め込みやすいです。

目元を酷使している

人は眠っているときでも、眼球を動かしていると言われています。

まぶたは閉じていますが、皮膚の中でずっと動かしているのです。

常に伸縮を繰り返しているので、たるみも早いと言われています。

パソコンやスマホなどを良く使う方は、目を酷使していて目元の筋肉が硬直している状態が多いそうです。

目の疲れを解消するために、休ませることも必要です。

目元を触るクセ

絶えず瞬きを繰り返している目元。

1分間に15~20回ほど瞬きをしていると言われています。

まぶたは、縦方向の動きには強くなっています。

しかし、横方向の動きにはとても弱いのです。

目が疲れているときや痒みがあるとき、洗顔やスキンケアのときなどに目元をグリグリとしていませんか?

目元を横方向に触るクセがあると、小じわができやすくなることもあるそうです。

できることから目元の小じわ対策をしていく

この3つのことを避けることが目元の小じわ対策になります。

それでも、瞬きをしないということは無理なこと。

笑いジワができないように、いつも無表情でいるというのも女性としての魅力が半減してしまいます。

まずは、できることから目元の小じわ対策をしていきましょう!

紫外線対策をしっかりと!

紫外線は、肌の乾燥を引き起こし、皮膚の奥まで侵入しコラーゲンを破壊してしまいます。

コラーゲンは、肌の弾力を作る成分。

肌のハリがなくなると、たるんでしまい、シワになりやすくなってしまいます。

肌に合わない日焼け止めもシワの原因になるので、肌に優しいUVカット効果のある化粧品を使いましょう。

十分な保湿をする

肌が乾燥していると、ひび割れたように小じわができてしまいます。

目元には化粧水をたっぷりと含ませたコットンパックや、目元専用のアイクリームなどで保湿をすることを心がけましょうね。

触らない、擦らない

美肌のためにマッサージをしているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

肌の代謝を高めるのにとても良いことなのですが、目元に関しては逆効果な場合も。

目元の皮膚はとても薄いので、必要以上の力での摩擦や横に引っ張ることは皮膚をたるませる原因にもなるのです。

目元をマッサージする時には、指の腹を使い優しく触れる程度ですると負担なくできます。

目元に小じわができる前に正しい方法でシワ対策を始める

できることなら避けて通りたいシワのこと。

目元に小じわができる前に正しい方法でシワ対策を始めましょう!

国内唯一!小ジワ・シミに効く医薬品ロスミンローヤル