シミに効くサプリ・医薬品

現在、シミでお悩みの方へシミを薄くする事ができる、シミを消す事ができるおすすめのサプリ・医薬品をご紹介しています。また、シミに関する情報もご紹介しています。

ハイチオールCとロスミンローヤルの比較

ハイチオールCはシミに効く第三類医薬品

シミに効く第三類医薬品といえば、ハイチオールC。

第三類医薬品として知らなくても、シミ対策といえば、ハイチオールCと思い浮かぶ方はとても多いと思います。

ハイチオールCプラスとロスミンローヤル。

何が違うのか、比較をしてみました。

シミに効く第三類医薬品、ハイチオールCプラスとロスミンローヤル

まず大きく違う点を1つ挙げます。

それは、ロスミンローヤルがシミと同時に「しわ・小じわ」にも効果が認められると言うこと。

●効果・効能の比較

【ロスミンローヤルの効果・効能】
しみ、そばかす、にきび、はだあれ、小じわ
・肩こり、腰痛、神経痛
・のぼせ、目まい、みみなり
・冷え症、手足の冷感、腰部冷感
・妊娠授乳期・病中病後・肉体疲労・食欲不振などの場合の栄養補給

「小じわ」への効果・効能が明記されています。
また、妊娠授乳期も栄養補給として有効です。
(かかりつけ医、担当医がいる場合には、摂取して良いか確認されると安心です)

【ハイチオールCプラスの効果・効能】
・しみ・そばかす・日やけなどの色素沈着症
・全身倦怠
・二日酔
・にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ

となります。

期待できる効能・効果では、ロスミンローヤルの方が多いですね。

しかも、多くの女性が悩んでいる・もしくは気にしている多数の症状を含んでいると思います。

肩こり、腰痛、冷え性、手足の冷え感など。
そして小じわですね。

ちなみに妊娠授乳期にはロスミンローヤル、ハイチオールCプラスともに服用可です。

妊娠中ってシミが出やすい時期ですから、栄養補給とシミ予防・対策を兼ねて服用するという選択肢もありですね。

●配合されている有効成分

【ロスミンローヤル】
L-システイン 160mg
アスコルビン酸(ビタミンC) 180mg
パントテン酸カルシウム 15mg
DL-メチオニン 100mg
リボフラビン(ビタミンB2) 10mg
ニコチン酸アミド 30mg
他、全22種類

【ハイチオールCプラス】
L-システイン 240mg
アスコルビン酸(ビタミンC) 500mg
パントテン酸カルシウム 24mg

有効成分を見ると、ロスミンローヤルの方が断然多いです。

ハイチオールCプラスは、L-システインの効果を引き出すために、ビタミンCが豊富に配合されています。

というように配合成分にはそれぞれ特徴があります。
購入にあたって、どういった効果・効能を重視するかがポイントですね。

シミだけに特化するなら、ハイチオールCプラス。

ただロスミンローヤルも小じわにも効果があるなら・・・と気になる方も多いと思います。(ちなみにロスミンローヤルは国内唯一!小ジワ・シミに効く医薬品ということです)

そのあたりは口コミや体験談なども参考にされると良いかなと思います。

⇒ ハイチオールC 価格比較+口コミを見る(楽天市場)

⇒ ロスミンローヤル使用者の声・体験談を見る