シミに効くサプリ・医薬品

現在、シミでお悩みの方へシミを薄くする事ができる、シミを消す事ができるおすすめのサプリ・医薬品をご紹介しています。また、シミに関する情報もご紹介しています。

シミの種類

シミは全部同じじゃない!

一言でシミといっても、シミにはいくつもの種類があるというのをご存知ですか?

年齢によって出来るシミもあれば、遺伝によるものや傷が原因のものなどその種類は様々。それぞれに特徴があり、発生する原因も異なります。

出来るメカニズムや発生原因が違うということは、それぞれのシミに対する対策方法も違うということになります。

つまり、いくら優れたシミ対策の方法を実践していても、それが自分のシミに対するものと違っていたら効果は期待できないという事なのです。

シミ対策の方法を考える前に、まずは自分のシミがどのタイプなのかを知る必要があります。

あなたのシミはどのタイプ?

主なシミの種類と特徴、治療法をご紹介します。

老人性色素斑

基本的に「シミ」と呼ばれるのはこのタイプで、もっとも多く見られるシミです。紫外線が主な原因で発生し、頬骨やこめかみあたりにできやすく、時間が経つにつれて濃くなってきます。

美白化粧品による効果が期待でき、濃いものはレーザーで除去することも可能です。

肝斑

30~40代の女性に見られるシミで、女性ホルモンが関係していると言われています。薄い広範囲の左右対称にできるのが特徴で、妊娠中やピルの服用中に出来ることが多いです。

肝斑にはトラネキサム酸やビタミンCが有効で、肝斑のための内服薬などもあります。

雀卵斑(そばかす)

そばかすは子供の頃から発生し、小さな斑点が鼻を中心に広範囲に広がってできるのが特徴です。基本的には遺伝によって出来るものですが、紫外線によって濃くなることもあります。

そばかすにはL-システインやビタミンCが配合された内服薬を服用することで改善が期待できるほか、レーザー治療で除去することができます。ただし一度薄くなっても再発することも多いようです。

脂漏性角化症

イボ状に盛り上がっているのが特徴のシミです。頬やこめかみの他、手の甲にもできることがあります。

このシミには美白化粧品や内服薬による効果は期待できないため、治療にはレーザーなどで除去する方法が一般的です。

炎症後色素沈着

ニキビ跡や虫さされ、傷跡などが色素沈着して出来るシミです。時間が経てば自然と消えますが、長ければ数年かかることもあります。

改善には美白化粧品やピーリングによるケアが効果的です。

いくら美白ケアをしても効果が出ないなぁ・・・という方は、間違ったケアをしていた可能性があります。自分のシミの種類を確認して、正しい方法でケアしていきましょう。